カテゴリー
Uncategorized

高卒でも転職可能⁉20代高卒が転職を成功させる3つのコツ

転職したいけど、高卒では書類選考で落とされてしまうのでは…と不安で転職に踏みだせない方も多いのではないでしょうか。
本記事では、20代高卒の転職を成功させるコツをご紹介します。

20代高卒でも転職を成功させるコツ

学歴不問で採用してくれる企業を探す

学歴不問で採用してくれる業種や職種は少なくありません。
例えば、外食業界・介護業界・営業職・IT業界…
外食業界や介護業界は人手不足の企業も多いため学歴や経歴不問で採用してくれる可能性が高いです。
IT業界は、実力主義のため学歴不問が多くみられます。
特にプログラマーやWEBデザイナーは能力に基づく採用や昇進が行われやすい職種のため、能力があればIT業界への転職も可能です。
営業職は、実力主義の職種のため学歴・経歴不問の企業が少なくありません。

仕事に活かせる資格やスキルを身につける

最終学歴が高卒でも仕事に活かせる資格やスキルを持っていると「即戦力として活躍してくれそう」と採用されるチャンスが広がります。
例えば、宅建取引士・マイクロソフトオフィススペシャル・介護職員初任者研修・FP…など
自分が目指している業界がある場合はその業界で役立つ資格を持っておくと転職活動に有利に働くでしょう。
特にオフィス系への転職を希望している場合はパソコン系の勉強をしておくとよいでしょう。

※資格を取得するには時間がかかります。
資格やスキルを活かして転職活動を行う場合は転職までのスケジュールをしっかりと立てましょう。

20代の転職に強い転職エージェントを活用する

転職サイトは膨大な数の求人を検索することができますが、応募条件が大卒以上となっている企業が多いです。
なかなか希望の求人が見つからない場合は、20代の支援に強い転職エージェント20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】などをうまく活用することも検討してもよいでしょう。
転職エージェントが持っている求人の中には、非公開求人やベンチャー企業など大手の転職サイトには載っていない求人も多数あります。
またキャリアアドバイザーがあなたの適正から求人を探してくれたり、書類の作成・面接のサポートも行ってくれます。
高卒での転職に不安な方は転職エージェントの利用をオススメします。

高卒での転職を目指す際の注意点

大企業の求人が少ない

大企業の中途採用は大卒以上の求人が多く、特に商社・大手メーカーの本社スタッフは中途での高卒採用はほとんどありません。

求人の職種に偏りがある

高卒の求人はオフィスワーク系が少なく、肉体労働系や営業職に偏ってしまう傾向があります。
もし事務職への転職を希望する場合は、簿記などの資格やスキルを習得するとよいでしょう。

転職先が決まるまで退職しない

転職先が決まるまでは、退職しないようにしましょう。フリーターでも食つなぐことはできますが、職歴に空白の期間ができてしまいます。次の就職先が決まるまでは金銭的にも困ってしまうこともあるので、よほどの理由がない限り転職が決まるまでは今の職場を退職しないようにしましょう。

大学中退、中卒、高卒の就職なら、第二新卒エージェントneo

おススメの転職エージェント



カテゴリー
Uncategorized

【20代必見】手取り20万は普通?平均年収を上げる3つの方法

20代の方の多くは、現在の収入に不満を感じているのではないでしょうか。
手取りが~20万という現状に、まだ若いからとあきらめている方もいらっしゃるはずです。
ですが、現在の収入に妥協してしまうのは大変もったいないです。

本記事では、20代の収入に関する情報と年収を上げるコツをご紹介します。

20代の平均年収はいくら?

まずは、厚生労働省が発表している「令和元年賃金構造基本統計調査」から平均年収をご紹介します。

20~24歳

男性… 284万円

女性… 249万円

25~29歳

男性… 404万円

女性… 326万円

※現金給与額とは、所得税・社会保険料・組合費・などを差し引く前の総額となり、
基本給のみではなく、各種手当や残業代なども含まれた額となっています。

手取りは給与額の80%

実際に手取りとなるのは、厚生年金保険・雇用保険・健康保険や税金を引いた額となります。
この額は状況によって変化しますが、一般的には現金給与額の2割程度になると言われています。

手取り20万でもボーナスがあれば普通!?

手取り20万円の方で、ボーナスを含まずに計算した場合年間で240万円の収入となります。
手取り額に12をかけ、平均年収から計算された年間の手取り額から引いてみて、もしその額以上のボーナスを得ているのであれば平均年収以上の年収を得ていると考えます。
逆にボーナスがない会社で勤務している場合は平均年収が低いと考えられます。


平均年収を上げたい人が今後やるべき3つのこと

さて、本記事の本題となりますが、
今後年収を上げたいという方がやるべきことについてお伝えします。

1.昇給を目指す

年収を上げるために一番効果的なのは、「昇給」です。
残業代で稼ぐ方法もありますが、これは継続的に残業をしなければなりませんので、肉体的な負担も少なくありません。
昇給するためには実績を残す必要もあります。仕事にも慣れてきたのであればリーダー役を積極的に買ってでるなど行動に移してみましょう。

2.副収入で稼ぐ

年収を上げる方法として「副業」で稼ぐという選択肢もあります。これは、空いた時間で持っているスキルなどを活用して収入を得る方法です。
ただ会社から認められていない方法で副収入を得た場合はトラブルになる可能性もありますので、前もって確認しておくことが重要です。

3.転職をする

今の会社で昇給が難しい場合や、副業が禁止されている場合には、転職することも視野に入れる事が重要です。
社会人になって働いているとどのような人物が評価され出世していくか見えてくるはずです。
自分自身が現在の会社で評価されそうにない場合や、会社の将来が不安な場合は早々に転職することをオススメします。


20代で転職を成功させる方法

転職をきめたとしても、それだけでは転職活動はうまくいくわけではありません。
転職活動中からしっかり準備を行い、自分にあった会社に最良の条件で入社することが収入をあげることに繋がります。

1.自己PRを洗練する

まずは、自分自身のアピールポイントを洗い出しましょう。
資格やスキルなども書き出すことで、改めて自分自身の価値を実感できるはずです。
これは自分からアピールしなければ、伝わらないことですので前もってこれまでのキャリアを整理しましょう。

2.求める条件を整理する

転職する際に、収入以外にも色々な条件を求めるはずですがそのすべてを満たす場所というのはあまりないと考えても良いでしょう。
ですが、自分がどうしても譲れない条件を選択しその中で優先順位をつけてみてください。そうすることで求人情報も見比べやすくなり、応募先選びにかかる時間を大幅に減らすことができます。

3.転職エージェントを利用する

実際に転職活動を行うとなると、時間的にも精神的にも負担は小さくありません。ですが、転職エージェントを利用すれば負担を最小限にすることが可能です。
転職活動を行うのにはキャリアの棚卸が大切ですが、これまでの実績やキャリアを自分自身で評価するには体力が必要です。ですが、転職エージェントのキャリアアドバイザーと相談しながら棚卸しを行えば最大限の価値を発揮することも可能です。
求人情報も転職エージェントを利用することでこれまでの転職者のデータなども駆使して最適な応募先を選んでくれますので、転職が失敗する危険を減らしてくれます。

20代にオススメの転職エージェント

1.株式会社ネオキャリア

【公式】第二新卒エージェントneo

2.株式会社セルバ


今の市場価値がわかる。企業から直接フィードバックがもらえて価値ある転職をするならセルワーク看護師まで!!【セルワーク看護】

3.株式会社Wiz


8期連続成長企業、ベストベンチャー100のWizワイズです。
DXコンシェルジュとしてIT商材のご提案をしています。
事業拡大に伴い、積極的にエンジニア採用中です。

最後に…

20代は転職するチャンスがたくさんあります!
転職に年齢制限はありませんが、20代は多くの企業が求めている年代であり、転職が成功する確率の高い年代です。
求められているということは「好条件で転職しやすい」ということでもあります。
これまでのキャリアを活かせる仕事や、自分に向いている仕事に転職することができれば年収を上げることも難しくはありません。
20代には転職が成功するチャンスがたくさんあります!
まずは、行動してみましょう!

カテゴリー
Uncategorized

元人材派遣営業が教える!派遣社員と正社員の違い・魅力について解説

派遣で働きたいけど、正社員と何が違うんだろう…

派遣切りが怖い…

など、派遣に対するイメージがあまり良くない方も多いのではないでしょうか。
ですが、実際はどうでしょうか。
今回は派遣で働くメリット・デメリットを解説していきます。

派遣とは?

派遣とは、派遣会社(派遣元)と雇用契約を結んで、実際に働く企業(派遣先)で就業する働き方です。
雇用主は、雇用契約を結ぶ派遣会社になるため、給与の支払い、福利厚生などは派遣会社が行います。派遣会社に登録する必要がありますが、就業先の紹介や就業中のサポート、交渉なども派遣会社がフォローやサポートをしてくれます。実際の仕事に関する業務指示は、派遣先の企業から受けます。

派遣会社との雇用契約は、「登録型派遣」と「常用型派遣」により結ぶ形態が違います。一般的な派遣の就業形態である「登録型派遣」は、派遣先企業が決まった時点で派遣会社と雇用契約が結ばれます。雇用契約には、給与や業務内容、派遣期間などが定められ、契約に基づいて派遣先の企業で働くことになります。そして派遣期間が終了すると派遣会社との雇用契約も終了します。一方、「常用型派遣」での雇用契約は、派遣会社と期間を設けずに契約を行うため、派遣期間が終了しても雇用関係は終了しません。


派遣社員と正社員の違いは?

雇用主

派遣社員は人材派遣会社に登録して、派遣先企業での仕事が決まると、派遣会社と雇用契約を結びます。つまり、派遣スタッフの雇用主は実際に働く企業ではなく派遣会社となります。一方、正社員や契約社員、パートは、就業先企業と直接雇用契約を結びます。
また、正社員の場合、休暇の管理も社会保険に関する手続きも就業先企業がおこないますが、派遣スタッフの手続きは、派遣会社がおこないます。

就業日数・就業時間

フルタイムであることが多い正社員と異なり、派遣スタッフの就業日数や就業時間については、選択肢が多くあります。たとえば、「週に3日、午前中のみ」「週5日で夕方5時まで」など、派遣スタッフの希望に合わせて選択することが可能です。

働く期間

有期雇用であることも派遣スタッフの特徴です。有期雇用とは、派遣先企業で働ける期間(3ヶ月または 6ヶ月など)があらかじめ決まっていること。期間が3ヶ月なら3ヶ月で雇用契約を結び、必要があれば契約更新を重ねていくような働き方となります。ただし、派遣先の事業所における同一の組織単位での就業は最長3年までとなります(※1)。
一方、正社員は基本的には企業が定めた定年まで働ける無期雇用となります。

(※1)派遣3年ルール
3年という制限を設けることで派遣先への直接雇用打診をおこなったり、もっと条件の良い新たな派遣先を提供してキャリアアップしてもらうなど、雇用を安定させることを目的としています。

交通費・各種手当

これまで正社員と派遣スタッフではその待遇に違いがありました。しかし、2020年4月から、派遣など非正規社員と正社員との不合理な待遇差の解消を目指すものとして、いわゆる「同一労働同一賃金」が導入されました。

これにより、派遣スタッフにも通勤交通費が支給されるようになり、食堂、更衣室、休憩室など福利厚生施設において、これまで正社員しか利用できなかった場合、派遣スタッフも同じように利用できるようになりました。
ただ、派遣会社によっては「1ヶ月〇万円まで」「交通費の全国平均である時給72円を上乗せする」といったケースもあるため、雇用元の派遣会社で定められたルールを確認しておく必要があります。

派遣スタッフと契約社員・パートとの違いは?

派遣スタッフと契約社員・パートとの違いについても少し触れておきましょう。

・雇用主が異なる
派遣スタッフと契約社員・パートとの違いもまた、雇用主が異なることです。契約社員やパートは、正社員と同じく就業先企業に直接雇用されます。

・給与形態が異なる
契約社員は月給制で、派遣スタッフとパートは時給制です。長期休暇を取得する場合、雇用条件にもよりますが契約社員は給与に変動がほとんどありません。しかし、派遣スタッフやパートは、勤務時間が減ってしまうため給与が減ってしまいます。

・サポート
就業先企業に直接雇用されていた契約社員やパートは、次の仕事は自分で探すことになりますが、派遣スタッフの場合は、希望の仕事の条件に沿って派遣会社が次の派遣先を紹介してくれます。

派遣社員で働くメリットは?

1.勤務時間の調整が可能

正社員は基本的に週5フルタイムでの勤務ですが、派遣では勤務日数や勤務時間を調整することができ、
ご自身のライフワークにあった勤務が可能です。

2.派遣会社のサポートが受けられる

派遣での仕事を探すときはもちろん、派遣期間終了後の次の仕事を探すときも、派遣会社からのサポートを受けることができます。派遣契約期間中も就業先でのトラブルがあった際も派遣会社が派遣先企業へパイプ役として交渉を行い、派遣社員が快適に働ける環境をバックアップします。

3.さまざまな職場で経験が積める

正社員として働くのが難しい有名企業やテレビ・マスコミ・ファッション業界などでも派遣スタッフを募集しています。憧れの業界で色々な経験をつみ、スキルアップにつなげることもできます。

派遣社員で働くデメリット

1.雇用が不安定

3カ月や6カ月などと雇用期間が決まっている一般派遣では、派遣先と派遣社員、双方合意のもと契約更新が繰り返されます。

2.最長3年

派遣社員は同じ職場で最長3年まで就業が可能です。
しかし、「派遣期間の制限」があり、3年を超えて同じ職場で就業することができません。もし、3年を超えて同じ職場で勤務したい場合は派遣先に直接雇用してもらうか、最初から紹介予定派遣を選ぶ方法もあります。

第二新卒エージェントneo by ネオキャリア

まとめ

自分のライフワークや希望の働き方によって、色々な働き方を選べる時代です。
本記事を通してメリット・デメリットを理解しベストな選択をしてくださいね。



カテゴリー
Uncategorized

【男性必見】30代の婚活成功の秘訣⁉

そろそろ結婚したいけどなかなか出会いがない…

仕事ばかりではなくプライベートも充実したい…

男性の場合、女性ほど年齢による結婚への焦りはないため婚活は急がなくてもいいだろうと考えている人も少なくはないでしょう。
しかし、いざ婚活をスタートすると苦戦する人も多いのが30代の婚活の現状です。

30代男性が婚活で苦戦する理由

-1-年収が見られる

30代になると管理職などの役職についてる方も多いでしょう。そのため、婚活市場で30代男性に求める項目の1つとして年収があげられます。
女性が婚活相手を選ぶときに‟年収”は大きな判断材料となります。

ー2ー20代と比較される

年下女性との結婚を希望する人は少なくありません。
20代女性は価値観が近い同世代を好む傾向にあるため、ライバルは20代となります。


30代男性が婚活で成功する3つのステップ

1.希望条件を広げる

「20代女性のみ」や「初婚の方だけ」など、条件を限定して考えている方もいるでしょう。
しかし、多くの男性が同条件の希望を出していることを考えると出会いのチャンスが減るばかりです。
出会いを増やすためには、希望条件を広げてみるのをお勧めします。

2.女性と会う回数を増やす

婚活で大切なことは、‟自分”を営業するスキルです。スキルアップするためには、女性と会う回数を増やし経験値を上げましょう。また、職場の女性と積極的に話すなどコミュニケーションスキルを身に着けることも◎

3.謙虚な姿勢

自分に自信を持っている方は、自分でも気づかないうちに周囲の人に放漫な態度を取っている可能性もあります。
婚活の場で同じような態度で接してしまうと女性から敬遠されてしまいます。
普段から優しい立ち振る舞いを意識すると素敵な出会いがあるかも…

4.婚活サービスを利用する

結婚相談所や婚活マッチングサイトを利用することで、プロであるカウンセラーからアドバイスを受けることでき、女性側も結婚に真剣な人が集まっているためうまくいく可能性が高いです。

5.おすすめ婚活サイト

youbrideは、累計会員数190万人以上、過去5年間で10,708人成婚の実績があり、カジュアルな婚活が期待できます。会員登録も無料でできるため、初めての婚活にもいいかも


まとめ

30代男性の婚活は20代に比べると少し厳しいイメージもありますが、大人の余裕など20代には無い魅力をアピールすることで婚活を成功させることができるでしょう。


ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

カテゴリー
Uncategorized

【後悔無し!!】20代・30代の転職が成功するたった3つのステップ

転職を考えているけど、何からはじめればいいかわからない…

転職先がブラック企業だったらどうしよう…

そんな不安を抱えなかなか一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、転職を成功させることは可能です。

年代別転職市場の動き

ー20代転職市場・市場価値ー

若さが魅力の20代の転職市場ではずばり『若さ』を求める企業は多いと言えます。やる気ポテンシャルを重視している企業が多く、未経験分野への転職も可能性十分に広がっています。
市場価値としては、その人が持っている伸びしろに期待し、やる気を重視されるケースが多く採用後は時間をかけて教育し仕事ができるようになるまでは、企業は投資期間として給与を支払うのです。

-30代転職市場・市場価値ー

一般的に転職は若さが武器の20代の法が有利だと言われています。30代になると特に未経験の職種への転職は厳しくなりがちですが、事前準備を行えば転職成功率は格段にUPするといえるでしょう。30代の市場価値としては前職までに培ってきた経験やスキル・実績を充分に活かし採用後すぐ即戦力となりえる人材をもとめています。


転職を成功させる3つの方法

①希望する転職職種のリサーチ

転職を後悔しないためには、希望してる職種のリサーチは必須です。イメージと現実のギャップが大きいと思うような仕事ができずストレスなどにつながります。
必ず事前にチェックしましょう。

②自身の強みやこれまでの実績を書き出す

これまで取得した資格や、前職での経験・実績を書き出し自身の強みを改めて把握することで転職先でこれまでの経験をどのように活かすことができるかをアピールすることができるでしょう。

③転職サイトへ登録し情報収集する

そもそも自身の希望する職種・企業が現在求人を出していなければ転職活動をすることもできません。
まずは転職サイトへ登録し希望職種が求人を出しているか、出していればどんな人材を求めているか・社内の雰囲気・福利厚生か
情報を集めることで入社後のイメージギャップを最小化し成功につながるでしょう。

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】

まとめ

年代別での市場の動き・市場価値の違いはありますが、
転職をする際にすべき事前準備に差はありません。
本記事でお伝えした3つのステップさえ押さえておけばあなたの転職活動は必ず成功します。

カテゴリー
Uncategorized

30代の転職は無理?スキルなしでも転職・年収UPを成功させるたった2つの方法

☑これまでこれといったスキルや資格がないままなんとなくすごしてきたけど転職ができるのだろうか…


等々。不安で転職に踏み出せない方を多くみてきましたが、
結論からお伝えします。

スキルや資格がなくても、転職・年収UPは可能です!!

30代転職市場の動き

20代の転職者に求められるのは労働意欲やポテンシャル、柔軟性ですが、
30代の転職者に求められているのは、これまでの経験やスキルをもとに即戦力になる存在です。20代にはない経験や知識、マネジメントスキルなどの実績が評価されることで転職・年収UPを実現することが可能です。



スキルや資格がない人が転職をする前にやるべきこと

ー①これまでのスキルや経験の書き出しー

まずやるべきことはこれまでのスキルや経験、実績を書き出すことです。
前述でもお伝えした通り、30代になると即戦力であるかを重視されます。
専門的なスキル以外でもコミュニケーションスキルなどのポータブルスキルも当てはまります。
上記に加えてこれまでの職歴の中で、大変だった仕事・それをどう解決したか。など成功や実績の要因からご自身のスキルや強みを見つけてみましょう!

ー② 転職サイトへ登録 ー

上記に加え転職サイトへ登録し情報収集することも大切な事前準備の1つです。
ご自身の希望する職種の就業条件や年収・福利厚生など事前に確認することで転職成功へ繋がります。

30代が転職しやすい職種

  • 営業職
    常に即戦力を必要としており、未経験でも年収UPを目指せる。
    とにかく稼ぎたい。コミュニケーション能力が高い人は◎
  • 販売・接客
    特にコミュニケーション能力やヒアリング力が必要ですが、
    サービス接遇検定や販売士など独学でも取得可能な資格にチャレンジするのも◎
  • 事務職
    事務職は特に未経験でも応募しやすい職種です。
    ただし人気の職種なので競争率が高いため、パソコンスキルやスケジュール管理能力などをアピールするのも◎


本記事まとめ

30代の転職は事前準備をしかっり行えば必ず成功します。
あきらめず一緒に頑張りましょう!


考え過ぎたことはすべて問題になる。 ~ニーチェ~



カテゴリー
Uncategorized

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!